坐骨神経痛とは坐骨神経の通り道に痛みを感じる症状

坐骨神経痛とは、ヒトの背骨辺りから臀部、太ももの後ろを通ってふくらはぎ、そして足の先にまで及ぶ、
坐骨神経の通り道に痛みを感じることが多い症状になります。
症状であることから、坐骨神経痛とは病名ではなくて、
特に臀部から大腿の後ろ辺りにかけて、強い痛みを感じる人が多くみられるようです。

坐骨神経痛対策《MENU》
  1. 坐骨神経痛は、早めの医師の診察を
  2. 坐骨神経痛の原因と症状について
  3. 妊婦の坐骨神経痛の原因について
  4. つらい痛みやしびれがなくなる坐骨神経痛を改善する方法
  5. 坐骨神経痛に向いているサプリメントとは

 

坐骨神経痛

>>坐骨神経痛に効果のあるサプリメント一覧はこちらから<<


 

坐骨神経痛は、早めの医師の診察を

坐骨神経痛サプリメント,効果

坐骨神経痛の症状を訴える人には、
腰部脊柱管狭窄や、腰椎椎間板ヘルニア変形性腰椎症などと診断されることがあります。

 

腰部脊柱管狭窄は、背骨の中央に位置する脊柱管が、加齢などによって骨が変形して脊柱管が狭くなってしまい、馬尾神経を圧迫して痛みを感じるものになります。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、5つの腰椎骨と1つの仙骨からできている腰骨の、骨と骨との間には椎間板があります。
椎間板が神経を圧迫して炎症を起こすことで、痛みやしびれなどがでるとされています。

 

変形性腰椎症は、とげのように変形した骨が神経を圧迫して起こるといわれています。
坐骨神経痛は、病名ではなくて症状になりますので、早めに医療機関を訪れて、医師の診療を受けるのがいいでしょう。

 

多くは炎症を抑えて安静にすることが望まれますが、疾患によっては治療法が違う場合がありますので、
医師の診断結果を見て判断すると良いです。


坐骨神経痛の原因と症状について

坐骨神経痛とは、神経が圧迫などされたりした時に、
お尻や太ももの裏側や、ふくらはぎ、すね、足の甲、足先などでしびれや痛みなどの症状がでることをいいます。
坐骨神経痛になる原因とは、主に脊髄や神経根を圧迫されることによって引き起こされるといわれています。
坐骨神経痛の多くは、腰椎椎間板ヘルニアが原因ともいわれていますが、その他にもさまざまな原因があります。

 

治療方法

坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法を整理

坐骨神経痛になった場合、ツボ押しマッサージなどを自宅でやることでも
ある程度症状が軽減する場合もあります。
ですが、症状が改善されない場合には、
病院指圧マッサージ整体などで治療してもらうといいでしょう。
専門家に処置してもらうほうが、効果が期待できるはずです。

 

 

何科を受診すればいい?

坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法を整理

病院は何科に行けばいいのか悩む方もいるかもしれません。
整形外科を受診するといいでしょう。
整形外科では、普段の生活に対して指導を行ってくれたり、温熱治療や、薬物療法などをしてくれます。
他の症状と合併してしまい、状態がひどい、悪化している場合には、
手術をする場合もあります。

 

しびれや痛みが軽い場合でしたら、自宅での対処もいいですが、
なかなか状態が変わらない、悪化してきたなどの場合には、すぐに病院に通い診察を受けることをおすすめします。

 

坐骨神経痛

>>坐骨神経痛に効果のあるサプリメント一覧はこちらから<<


妊婦の坐骨神経痛の原因について

坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法を整理

妊娠中に坐骨神経痛で苦しむ妊婦さんは多いです。
妊娠中に坐骨神経痛になる原因は、
リラキシンというホルモンと赤ちゃんの重みです

 

妊娠初期から女性ホルモンであるリラキシンの分泌が活発化します。
このリラキシンは、骨の関節を繋いでいる靭帯をゆるめる作用があるため、
赤ちゃんが出てきやすい開いた骨盤を作ることができます。
また、骨盤をつなぐ恥骨も開いてくるため、恥骨痛がでてきます。

 

関節を固定する靭帯が緩むことで、体の骨格が不安定となり、骨や筋肉が神経とぶつかることで坐骨神経痛が出てきます。
妊娠初期で痛みがある場合には、リラキシンの分泌により骨盤や恥骨が開くことによって引き起こされています。

 

妊娠中期から後期にかけては、お腹が大きくなるため、背骨が反った状態になっています。
そのため、腰のあたりにある背骨の腰椎や背骨の一番下である仙骨に負担がかかり坐骨神経痛が出てきます。

 

妊娠中期から後期にかけてもリラキシンは分泌されているため、
靭帯のゆるみと合わさり骨盤や恥骨、腰椎などの骨格や筋肉が神経を圧迫していきます。
その結果、お尻から足にかけてしびれや痛みが起こります。

 

筋肉の固い人ほど、筋肉が対応できる可動範囲が少ないため、痛みが出やすくなります。

つらい痛みやしびれがなくなる坐骨神経痛を改善する方法

坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法を整理

坐骨神経痛の痛みやしびれで悩んでいる方にお聞きします。
簡単な運動ストレッチ痛みやしびれが改善するのを知っていますか。

 

坐骨神経痛は病気ではなく症状のことです。
坐骨神経痛が現れる病気は椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症が有名です。

 

椎間板ヘルニアは椎間板が傷つき中にある髄核が飛び出し神経に触れることで症状が出ます。
腰部脊柱管狭窄症は神経の通り道である脊柱管が狭くなり神経に触れるために症状が出ます。

 

どちらも神経に触れないようにすると症状はなくなります
どちらの病気も脊椎への強い衝撃や負荷が積み重なることによって発症します。
脊椎への衝撃を少なくすることができれば症状は改善します。

どんなストレッチがいいの?

坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法を整理

脊椎を支える体幹の筋肉を鍛えるのが効果的です。
腹筋や背筋を鍛えることも大事ですが
インナーマッスルと呼ばれる体の奥のほうにある筋肉を鍛えることが重要です。

 

インナーマッスルは正常な骨の位置や関節を保つ役割をしています。
インナーマッスルはストレッチのような軽い運動することによって鍛えることができます。
例えばおなかをへこましたり膨らませたりするのを意識して呼吸を行うと良いです。

 

また四つん這いの姿勢から右手と左足、左手と右足を交互に上げる運動も体幹が鍛えられます。
ただし運動によって痛みが出るときはやらないでください。
痛みが悪化する恐れがあります。

 

続けて行うことで脊椎を支えるインナーマッスルが鍛えられて徐々に痛みが改善してくることでしょう。

 

坐骨神経痛

>>坐骨神経痛に効果のあるサプリメント一覧はこちらから<<


坐骨神経痛に向いているサプリメントとは

坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法を整理

坐骨神経痛は、中高年の方に多い病気です。
椎間板ヘルニアか、腰部脊柱管狭窄が原因で起きる場合が多いと言われています。
腰の痛みから発症して、太ももの後ろやお尻、すね、足先などに痛みや痺れが現れるのが症状の特徴です。
ひどくなると歩行障害が現れる事もあります。

 

坐骨神経痛に効果的なサプリメントは?

坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法を整理

坐骨神経痛の病院での治療は、
主に薬物療法リハビリテーションで行われますが、生活習慣にも気を使いましょう。
ストレッチなどを行う場合は、医師や理学療法士に良く相談して行ってください。

 

食事については、ビタミンB12や、グルコサミンコンドロイチンなどの摂取を心がけるのが良いと言われています。

 

ビタミンB12は末梢神経、中枢神経の働きの維持や改善に効果があり、しじみ、あかがい、あさり等の貝類牛レバーに多く含まれます。

 

グルコサミンは関節と関節を結びつける効果があると言われ山芋オクラに多く含まれます。
コンドロイチンにもグルコサミンと同様の効果があり、納豆、ヤマイモ、オクラ、ウナギに多く含まれています。

 

これらの栄養素は、食品の中から必要量を定期的に摂取するのは難しいので、
サプリメントを利用するのが良いでしょう。坐骨神経痛には、肥満が大敵なので、その点から言ってもサプリメントの活用は有効と言えるでしょう。

 

坐骨神経痛

>>坐骨神経痛に効果のあるサプリメント一覧はこちらから<<


『坐骨神経痛の治療・治し方!坐骨神経痛の効果的な対応方法』関連情報